淡路

  • 印刷
阿万地区自治会女性部が作る玉ねぎ染め商品の数々=阿万地区公民館
拡大
阿万地区自治会女性部が作る玉ねぎ染め商品の数々=阿万地区公民館
媒染作業を楽しむ阿万地区自治会女性部のメンバーら=阿万地区公民館
拡大
媒染作業を楽しむ阿万地区自治会女性部のメンバーら=阿万地区公民館

 全国唯一の玉葱神社がある兵庫県南あわじ市阿万地区の女性たちが昨年から、特産タマネギの皮で染めたストールやコースターなどを販売し、観光客らに人気だ。商品を置いている市内の観光施設などでは「高い商品から売れている」といい、女性らは仕事の合間を縫って手作りに追われる。人口減少が進む中、女性たちの「玉ねぎ染め」が阿万地区に活気をもたらしている。(高田康夫)

 同地区自治会女性部が2016年11月から新たな特産品「阿万ブランド」作りに着手。同市阿万上町の亀岡八幡宮内にある玉葱神社にちなみ、タマネギの皮による染色ができないか研究を始めた。

 地元の青果店から提供されたタマネギの薄皮を使用。鍋に入れて煮出し、布でこして原液を作る。その原液に水を加えて染め物を煮出す「染色」と、ミョウバンや鉄などで作った媒染液に染め物を浸す「媒染」とを繰り返し、形を整えて干せば玉ねぎ染めの布が完成する。

 最初の作品はTシャツだった。タマネギ色の生地に黒字で「阿万かえる Return to change」と記し、地区内外のイベントで各団体のメンバーが着込んで阿万地区をアピール。その後は地域の女性が、それぞれ得意分野を生かしてがま口財布に仕立てたり、ペットのアクセサリーを手作りしたりと商品の幅を広げ、現在は常時10~15種類があるという。

 約1年前から、うずの丘大鳴門橋記念館とホテルニューアワジプラザ淡路島に売り場を設けてもらい、販売を開始。当初は「安いものしか売れないだろう」と考えていたが、数千円するコットンシルクのスカーフなど高価な品から売れていったという。女性らは仕事がない日曜日などに集まって月1度程度の染色作業をしているが、「作っても作っても売れてしまう」とうれしい悲鳴を上げる。

 女性部の蔭山順子部長(60)は「玉ねぎ染めを通して、阿万以外の地域にも女性パワーをアピールしたい」と意気込む。

淡路の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 30℃
  • 22℃
  • 0%

  • 35℃
  • 16℃
  • 0%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ