淡路

  • 印刷
個性豊かな力作が並ぶ会場=淡路市多賀、県立淡路文化会館
拡大
個性豊かな力作が並ぶ会場=淡路市多賀、県立淡路文化会館

 県立淡路文化会館(兵庫県淡路市多賀)の「淡路日本画セミナー」で学ぶ受講生の修了作品展が、同会館で開かれている。四季折々の草花や人物画など柔らかいタッチで描かれた61点が並ぶ。4月4日まで。

 同セミナーには島内の30~80代の43人が在籍し、県日本画家連盟会員の栗村浩史さんが講師を務める。年に数回展示会を開いており、今回は1年の集大成として39人が出品した。

 会場には、紅葉したカシワバアジサイの葉やきれいに花開いたヤマザクラ、白い着物の女性が踊る姿など色彩豊かな作品を展示。縦横約1メートルの大きなキャンバスに、寺の紅葉の様子を描いた迫力ある作品も並んだ。

 同セミナーに7年通う粟田鈴子さん(71)=淡路市=は「1年を通して徐々に上達してきた。陰影の付け方や絵の具の選び方など、それぞれの個性を楽しんでほしい」とほほ笑む。

 午前9時~午後5時(4日は同4時まで)。入場無料。同会館TEL0799・85・1391

(吉田みなみ)

淡路の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 30℃
  • 22℃
  • 0%

  • 35℃
  • 16℃
  • 0%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ