淡路

  • 印刷
赤く色づいたイチゴを摘み取る子どもら=洲本市五色町都志角川
拡大
赤く色づいたイチゴを摘み取る子どもら=洲本市五色町都志角川
クレープ作りを楽しむ親子ら=ウェルネスパーク五色
拡大
クレープ作りを楽しむ親子ら=ウェルネスパーク五色

 兵庫県洲本市五色町都志のウェルネスパーク五色・洋ランセンターで2月から、毎年恒例のイチゴ狩り体験が始まった。甘い香りが漂うビニールハウスは多くの家族連れらでにぎわっている。

 周辺でイチゴを栽培する農家が同センターと契約し、観光客を受け入れている。そのうちの一人、同市の農家、西野正さん(70)は、ビニールハウス内の約6アールで1万5千株を栽培。今年は天候がよく、生育が早かったという。

 9日は多くの親子らが訪れ、赤く熟れたイチゴを摘み取った。親族と訪れた大野小3年の女児(9)と同小1年の妹(7)は初めて体験し、「自分で摘んだイチゴは、新鮮で甘くておいしかった」と笑顔だった。

 イチゴ狩りは5月中旬ごろまで(2月は土日祝日のみ)。量り売りで100グラム270円。

 同センター内の「夢工房」では、自分で焼いたクレープにイチゴや生クリームなどを自由にトッピングする「イチゴクレープ作り」も体験できる。400円。土日祝日のみで、4月ごろまで。

 どちらも受付は午前10時~同11時半、午後1時半~同4時。ウェルネスパーク五色TEL0799・33・1600

(赤松沙和)

淡路の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ