明石

  • 印刷
明石市役所=明石市中崎1
拡大
明石市役所=明石市中崎1

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、兵庫県明石市は1日、高齢者や障害者が飲食のデリバリーやタクシーの乗車に使える金券発行、児童手当1万円増額などの緊急対策を発表した。2020年度一般会計補正予算案に盛り込み、大型連休後の7日に開会する5月議会に提案する。

 発行する金券は「サポート利用券」。飲食店に宅配を頼んだ際やタクシーの利用時に使える。1人1万円分(500円券20枚)を配る。市内在住で70歳以上の高齢者と、69歳以下の障害者手帳所有者が対象で計約7万8千人を見込む。市は今後、利用できる店舗を募集し、6月から使えるようにする。

 児童手当の増額では、国の臨時特別給付金の子ども1人につき1万円に加え、1世帯につき1万円を上乗せする。対象は約2万2千世帯。

 臨時休校が続く小中学生向けに、教科書を基にした課題のほか、悩みなどを記入する相談用紙を各家庭に送付。子どもの解答を学校が添削して返送する取り組みも始める。小学生は算数のみで、中学生は国語、数学、理科、社会、英語の5教科。明石商業高校と特別支援学校でも学習支援を進める。

 緊急対策ではこのほか、家庭や事業所を対象にした上下水道の基本料金6カ月分免除や、新型コロナの感染者増に伴う入院病床の確保などを盛り込む。

    ◆

 明石市議会は同日、議会運営委員会を開き、5月議会の日程を7、8日の2日間に決めた。総務、文教厚生、生活文化、建設企業の各常任委員会は7日に行う。さらに最終日には正副議長の改選が予定されている。(小西隆久)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

明石の最新
もっと見る

天気(7月12日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ