明石

  • 印刷
トップクリエイター部門グランプリ「essence」(HITOMI HOMMA)
拡大
トップクリエイター部門グランプリ「essence」(HITOMI HOMMA)
トップクリエイター部門準グランプリ「UNTOUCHED TRIBE」(新田将史)
拡大
トップクリエイター部門準グランプリ「UNTOUCHED TRIBE」(新田将史)
スチューデント部門グランプリ「頂点」(川上リュウ)
拡大
スチューデント部門グランプリ「頂点」(川上リュウ)
スチューデント部門準グランプリ「飛躍」(瀧本奈都子)
拡大
スチューデント部門準グランプリ「飛躍」(瀧本奈都子)

 明石のヘアメイクアップアーティストらが発信している新しい芸術「ヘッドアート」の2019年フォトコンテストの入賞作が決まった。兵庫県明石市内2カ所で展示され、全国の美容師や大学生、専門学校生らが考えた独創的なポートレートを楽しめる。

 「ヘッドアート」はさまざまな素材を使い、人間の頭部を自由にデザインする芸術。明石市のヘアメイクアップアーティスト歯朶原諭子さんを中心とするグループが2014年からコンテストを開催している。

 今年のテーマは「100」。一般対象の「トップクリエイター部門」と学生対象の「スチューデント部門」に167点の応募があった。テーマは明石市制100周年にちなんでいるが、発想は自由。入賞作には「百獣の王ライオン」や、百を「飛躍」に読み替えた作品もある。

 審査委員長の歯朶原さんは「コンテストが学生の間に浸透してきたのか、スチューデント部門のレベルが上がってきた。学生でもトップクリエイター部門に応募すれば入賞できた作品が多い」と、大学生、専門学校生のレベルアップを指摘する。

 明石駅で16日に始まった展示は22日に終わったが、24日からはアスピア明石(東仲ノ町)のスマイルギャラリーでも11月5日まで展示する。12月8日にはあかし保健所(大久保町ゆりのき通1)多目的ホールで「ステージクリエイト賞」の実演審査がある。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

  • 17℃
  • 8℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ