明石

  • 印刷
夏祭りを企画した実行委員のメンバー=明石市二見町東二見、北ノ町公民館
拡大
夏祭りを企画した実行委員のメンバー=明石市二見町東二見、北ノ町公民館
昨年の「花火アート」の様子
拡大
昨年の「花火アート」の様子

 二見小学校(兵庫県明石市二見町東二見)で24日に開かれる夏祭りで、メインイベントになる「花火アート」は、地域の父親たちが花火師役になって打ち上げる手作りのショーだ。毎年、子どもに大人気で、今年も色とりどりの花火が校庭を彩る。

 夏祭りは、地域の活性化や世代間交流を図ろうと、二見校区まちづくり協議会と、二見町商店会が始めた。目玉の花火アートは、市販の花火を組み合わせて作るため、特別な資格は不要という。神戸市灘区の専門店「クリス」に協力を依頼している。

 父親たちは、木で作った台座や自転車の車輪などに花火を取り付け、斜め方向に打ち上げたり、回転させたり。さまざまな見せ方で花火を楽しませる。

 祭りの実行委員らは会議を重ね、安全対策や花火の見せ方について確認。人が集まりやすい出入り口付近の警備や、花火を鑑賞する位置などを話し合って決めた。

 実行委員長の絹川和之さん(67)は「二見は年中のように祭りをやっている地域。この祭りも、世代を問わず楽しんでもらえる祭りにしたい」と話す。

 午後4時半~9時。夜店が並ぶほか、各地域の自治会や、地元商店などの名を書いたちょうちん70個も会場を彩る。明石二見和太鼓会による演武もある。

 花火アートは午後7時半ごろから。問い合わせは二見コミセンTEL078・941・9900。

(勝浦美香)

明石の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 80%

  • 21℃
  • 14℃
  • 90%

  • 24℃
  • 18℃
  • 80%

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ