正平調

時計2020/03/11

  • 印刷

1年前の数字と見比べてみる。新たに遺体が見つかったり、身元が分かるなどして、死者は「2人」増え、行方不明者は「4人」減った。東日本大震災はきょうで発生から9年がたつ◆不明者は年々減ってはいるが、その数はわずかで、ここ5年は2500人台のままである。「体だけでも返してよ」。海に叫んだ家族の願いも、あの日が遠ざかるほど届きにくくなるのか、時の流れが恨めしい◆一人娘の遺骨が昨年見つかり、8年半ぶりに両親と“再会”したという記事があった。27歳の娘は自動車学校に勤務中、津波に流されたという。「うれしい。娘が戻ってきた。離したくない」。父が語っている◆母は振り返る。帰りたくても帰れない娘が一番つらいはずだから、早く帰ってきてとは言わなかった。ただ「待っているからね」、心でそう話しかけてきたと。遺骨を受け取り、かけた言葉は「お帰り」である◆歌人の柳原白蓮(びゃくれん)に、戦死の息子を思って詠んだという歌がある。〈夜をこめて板戸をたたくは風ばかりおどろかしてよ吾子のかへると〉。帰ってこない肉親に「驚かしてよ」と願う気持ちは、災害も同じだろう◆不明者2529人。9年の歳月とともにこの数字をかみしめる。「待っているね」と空につぶやく人がいる。2020・3・11

正平調の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ