正平調

時計2019/06/27

  • 印刷

徳島県に全地形対応車、という記事を地元紙で読んだ。全地形対応車。難しい呼び名だが、泥やがれき、水中も大丈夫という特殊な消防車両である◆大災害の現場へ隊員や物資を送る。住民を助け出す。その強い味方として消防庁が注目している。しかし今は、列島の真ん中・愛知県に大型が1台、列島の東西、千葉と徳島両県に中型各1台しかない◆近畿が梅雨入りした。雨の季節はどこへ消えたのか…と心配していたら、梅雨入りした後にいきなり大雨の恐れだという。気が重くなるような天気図を見ながら、豪雨禍に力を発揮する全地形対応車のことを思う◆昨年の西日本豪雨、一昨年の九州北部豪雨に愛知から派遣され、その都度話題になった。中型でもざっと7千万円。値は張るが、毎年のように列島のどこかで災害が起きるのだから、もっと態勢を強めていい◆最新鋭のステルス戦闘機F35Aは1機約116億円もする。問題の地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」は1基当たり約1224億円だ。米側の言い値だと批判されるそのほんの一部で、安心を買える◆被災者の思いを表した一作だろう。神戸新聞文芸川柳部門の特選作、〈大切な水に涙が流れゆく〉(米子香珠子)。水に流れる涙をもっと減らしたい。2019・6・27

正平調の最新
もっと見る

天気(7月10日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ