正平調

時計2019/06/25

  • 印刷

はるか太平洋の向こう、アメリカという国を目指し、勝海舟らとともに咸臨丸(かんりんまる)に乗り込んだ福沢諭吉は述べている。あの航海は「日本開闢(かいびゃく)以来初めての大事業」だったと(「福翁自伝」)◆1860年のことで、沖に出た船は帆だけを頼りに進んだ。「牢屋(ろうや)の中の大地震」。諭吉は強気に笑ったそうだが、それはそれは毎日が嵐のつらい海路であったらしい◆時をへて、たくさんの若人が荒波を越え海の向こうへと渡っていくいま、“開闢以来初めて”ともいえる興奮に日本のバスケットボール界がわいている。米ゴンザガ大の八村塁選手が大きな夢の扉をこじ開けた◆米プロバスケットNBAのドラフト会議で、ワシントン・ウィザーズに指名された富山生まれの21歳である。世界最高峰のリーグでたった30人しか選ばれない1巡目指名だと聞けば、拍手も自然と大きくなろう◆「NBAに行くんだ」。中学時代のコーチにそう鼓舞されたのが夢の始まりという。高校を出て米国に進学した。203センチの恵まれた体、たゆまない努力と持ち前のセンスがあっても、その挑戦が極めて“波高し”だったことくらいは容易に想像がつく◆嵐の夜もコーチの言葉を確かな羅針盤としてきたに違いない。さらなる大海原へといざ、帆は上がる。2019・6・25

正平調の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 29℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 24℃
  • 50%

  • 31℃
  • 22℃
  • 40%

お知らせ