正平調

時計2019/06/24

  • 印刷

あえないで帰る月夜 船場川はいつものように流れていたり…。フォーク歌手世田谷ピンポンズさんの歌「船場川」は、作家木山捷平(しょうへい)の詩に曲を付けたもの。船場川は姫路城の西を流れる川だ◆世田谷と名乗るが、京都在住。複数形だがグループではなく、単独で活動している。まだ35歳の若さだが、ギター一本引っさげて、古い文学作品や懐かしの風景を歌う◆歌声に乗ると、昭和の私小説作家の孤独が今の私たちに重なり、心を揺らす。当のピンポンズさんも、学生時代は全く友達がいなかったらしい。とかく人の世は生きづらいが、どこかに理解者がいれば救われる◆現在、15~39歳で約54万人、40~64歳では60万人以上が引きこもり状態にあるという。一人で抱え込まず、悩みを吐き出すすべはないものか◆先月、姫路文学館での演奏会で、ピンポンズさんは提案した。「姫路の信号機で『船場川』を流してみては?」。やり場のない感情を歌が代弁し、道行く人々と共有できれば、少しは心の和らぐ人がいるだろうか◆しかしメロディー式信号機というのも、近頃はとんと見かけなくなった。つくづく古いものがお好きなようで。そんな忘れられた、目立たない場所に目を凝らしてこそ、大切なものが見えるのかもしれない。2019・6・24

正平調の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ