正平調

時計2019/06/21

  • 印刷

敵方の大将である尼子晴久がどうやら病に伏したらしい。うわさを聞きつけた家臣たちが喜び勇んで当方の大将、毛利元就に伝えた。戦国大名の逸話をまとめた「名将言行録」にある◆元就は怒った。「わが大将は病気だと言いふらし、こちらを油断させる気だろう。敵のはかりごとに乗せられおって」。ただしこのとき、晴久は本当に病気だったとか◆日本の防衛省は重病であるらしい。諸外国の間にそんなうわさが流れたとして「すべてこちらの計略よ」と冗談でも言えないところが情けない。「結論ありき」の病、「いいかげん」の病、いずれも重篤である◆敵ミサイルを撃ち落とすための地上システム「イージス・アショア」配備をめぐり、あきれる失態が続いた。秋田の演習場を「適地」とした調査で地図の見方を誤り、住民説明会では職員がなんと居眠りをした◆秋田県知事は「残念というより悲しい」と語ったが、防衛省はまだ「ありき」の気をむんむんと放つ。大丈夫ですか? 配備どうこうより、まずは病の根治を願いたい◆〈かなしみはゆるやかに湧く有事より身近な憂事重くたまりて〉。道浦母都子(もとこ)さんの歌にある。有事への備えを声高に唱えながら、暮らしの足元に憂いと不安の種ばかりまかれてはたまらない。2019・6・21

正平調の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ