正平調

時計2019/06/08

  • 印刷

今週だけでも大阪と福岡で起きた。ひと月前は大津、その前には東京・池袋で。運転ミスや不注意で多くの歩行者らを巻き込む車の事故が絶えない。神戸では市バスによる惨事もあった◆ドライブレコーダーなどに残った暴走映像を身も凍る思いで見ていると、次はいつ、どこの歩道に車が突っ込んでくるか分からない、との恐怖にかられる。このままだと冗談なしに歩行者にもヘルメットが要る◆機械は“つくり方”と“使い方”次第で良くも悪くもなると、SF小説の巨匠レイ・ブラッドベリが作中の人物に語らせていた。例えば自動車は、人間によって「歴史上類を見ない魂の破壊者になりました」と◆昔ならちょっと大げさに感じられたせりふが、いまでは悲しく胸に落ちる。池袋の事故で妻とまな娘を亡くした男性が「生き地獄のような日々を送っている」と会見で語ったのを聞いた後では、なおさらである◆より安全な車のつくり方はメーカーのさらなる技術開発に期待をするとしても、ハンドルを握り、アクセルやブレーキを踏むのが生身の人間である以上、どんな過信も禁物だろう。車を破壊者にしてはならない◆さらにいえば、年をとり車を手放しても困らない“まちのつくり方”。実はこれが大事な話だったりする。2019・6・8

正平調の最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ